精霊の守り人シーズン3の放送日とあらすじまとめ

この記事は2分で読めます

皆さん、こんにちは。管理人です。

今日は 都内まで行って整体ならぬ美骨という骨格の調整方法を

習いに行ってきました。

 

身体のチェックの仕方から骨盤のゆがみのパターン、

顔のゆがみのチェック、骨に着く筋肉の起始停止の確認

など

 

骨盤や重心の違いなどは気にしていいたけど

顔のゆがみってあるなんて気にしたこと

なかったので チェックしてみると顔も歪んでいるのが

分かって面白かった。

 

頭の骨なんて動くのかなと思っていたけど

動きました!ぉお!!(゚ロ゚屮)屮

 

美骨の先生に筋肉の押さえ方が上手と褒められたのは

嬉しかったですわー❤(^ー゚)ノ

 

さて、今日は 今月下旬から精霊の守り人が始まるのでピックアップしたいと

思います。



スポンサードリンク


精霊の守り人 シーズン3

精霊の守り人は、小説家上橋菜穂子さんが書いた児童文学の小説の「守り人」シリーズ

の全12巻が原作です。

私もこの小説が面白くて図書館から借りて本を読破した記憶があります。

この原作がどのように映像になるのかが楽しみです。

 

精霊の守り人 シーズン3の放送日

2017年11月25日夜9:00~9:58

毎週土曜日9:00~

再放送予定日 12月2日0:10~1:08金曜深夜

 

もう残り約2週間ですね。

見忘れた時のことを考えて再放送予定日も確認しておきました。

 

精霊の守り人 シーズン3 あらすじ

巨大な勢力を持つタルシュ帝国の第二王子・ラウル(高良健吾)は、

今にも海を渡り新ヨゴ国に攻め入ろうとしていた。

短槍使いの女用心棒・バルサ(綾瀬はるか)は、

祖国である新ヨゴ国を守るために、隣国のカンバル王国、

そしてロタ王国と同盟を結ぶべく動くチャグム皇太子(板垣瑞生)と

共にカンバル王の元へ向かう。バルサにとってそのことは、

封印された過去の秘密の扉を開ける旅でもあった。

NHK 精霊の守り人 最終章より

かっこいいタルシュ帝国のラウル王子が、とっても美系です。

美しさと冷酷さがとても素敵です。高良さんがこのラウル王子

を演じていますが ほんとぴったりです。

シーズン2で出てきたヒューゴも今回どのように出てくるのか

楽しみです。

 

また、新ヨゴ国、カンバル王国、ロタ王国、タルシュ帝国が

どのようにそれぞれ動くのか楽しみですね。

 

今までのシーズン1の総集編が今週あり

11/17木曜日午前0:10~1:47

 

短槍(たんそう)使いの女用心棒バルサと、この世と重なって存在する異世界の

水の精霊ニュンガ・ロ・イムの卵を宿したため、

命を狙われるようになった新ヨゴ皇国の皇子チャグムとの冒険を描いています

 

シーズン3のみどころ満載SPはいつ?

2017年11月18日土曜日午後8:15~8:43

 

短い時間ですが、見どころ満載SPがあります。

ネタバレになるかもしれませんが ぜひ素敵な映像を

見ておきましょうね。チャグム王子の成長と新ヨゴ王国の

行方が心配ですね。



スポンサードリンク


 

いままでさらっとしか明かされなかったバルサの故郷

カルバン王国での秘密が明かされます。なぜ、カルバン王国から

追われていたのか?そのような母国に戻って大丈夫なのか?

今からはらはらします。

 

ではでは、また明日。

 

 

 

 

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。