鎖肛、ストマのお手入れ方法体験記

この記事は3分で読めます

皆さん こんばんは。

管理人です。

昨日までの夏のような暑さに打って変り今日からは寒いですね。

風邪などひかないように皆さん ご自愛くださいね。

 

まだ病院から鎖肛の手術の連絡はないのですが

ちびたんが今6か月になったので後半年後には

お腹についているストマ(人工肛門)とはお別れになるかもしれないと

思い日常のお手入れなどについて

どなたかの参考になればと思いまとめておこうと思いました。

 

生後3日に人工肛門(ストマ)を創る手術をしたので

それから半年ずっとストマの袋にウンチをしている。

 

NICUに入院中に看護婦さんから鎖肛の子の保護者は

ストマの袋からウンチの処理(ウンチのかきだしとコットン入れ)。

ストマの袋の交換の仕方を習って退院になる。

 

入院中も退院後も基本ストマのケアの仕方は一緒です。

 

ストマのウンチの処理

ちびたんが ウンチをストマの袋にしたら ウンチを出します。

入院中は ウンチの量を毎回測らないといけなかったので

ビニール袋にウンチを出して滅菌の綿棒などを利用していましたが

退院後は ウンチの重さを測らなくても良いのでウンチと一緒におしっこも交換し「汚れたおむつ」に

ストマの袋からウンチのついたコットンを竹串で取り出す。

その後3~4枚コットンをストマの袋の人工肛門の手前(ストマの袋の口の方)にいれる。

この時 いつでも人工肛門が観察できるように 人工肛門の上にコットンが重ならないように置く。

 

ウンチのかき出しの時の人口肛門(ストマ)の観察

出血はないか、陥没はないか、人工肛門の色はピンクや赤は良好だが ブス色になってたりすると良くないらしいので確認する。

ウンチの色、形状なども確認しておく。

 

ウンチのかき出し棒は竹串が使い勝手やコストパホーマンスが良い

NICUにいるときは滅菌の15cmの長さの綿棒でウンチをかき出していたが

10本120円と高いので ピンセットや割りばしなども良いと聞いたがイマイチで

最終的に焼き鳥などをさす竹串15cmを使うようになった。

竹串なら80本で100円ほどで長さも15cm、18cmの長さなどもあります。

 

ウンチが沢山してパウチの入り口まで流れてきてしまっているときは

先にコットンを数枚袋に押し込みながらパウチの袋の口の汚れを

吸着させてからウンチを出した方が手元が汚れなくて良い。

 

ストマ交換

ストマの袋は トラブルがなければ3日に1回交換する。

リムーバーをコットンにつけて ストマの袋の面板の一部を上から擦ると

はがれれくるのではがれた隙間からは

面板と皮膚の間をリムーバーで擦りながらはがしていく。

袋が取れても 面板の溶けたもの(糊?)ウンチなどが残っているので

リムーバーやコットンできれいに拭いてからお風呂に入れる。

 

入浴中は 泡石鹸で人工肛門やその周りも優しく洗いきれいに流す。

 

入浴後 きれいに拭いて乾燥したところに

ストマの袋を張る。

 

張る時に 人工肛門が 面板の内側に当たらないように

ハサミで穴の大きさを2ミリほど大きく切っているのと

腿の付け根にも近いので 足を曲げた時に邪魔にならにように

付け根側の面板も少し切って体に合わせている。

 

入浴トラブルは?

ストマの袋(パウチ)がついているときは 入浴中のウンチの漏れはまずないです。

 

半年で1回ほど 入浴前にパウチを外さず

入浴後リムーバーではがしてすぐパウチを付けたために

糊付けが弱くなってしまい 入浴時に袋の糊の一部が浮いてしまい

そこからお湯がパウチの中に入ってい待ったことがありました。

 

ストマ交換時

ストマの袋(パウチ)をはがしているときは お風呂入りながら

うんちをして お風呂のお湯がウンチまみれになることは

たまに良くあります。笑。

その時は 最後また洗ってかけ湯をしてお風呂から上がっています。

気になる方は ベビーバスだと安心かもしれません。

 

NICUを退院するとすぐ6月だっだので汗かきっぱなしだったので

午前中に1回 夕方に1回の1日2回ずっとお風呂に入ってます。

そのお蔭か?もともと皮膚が強いのか?

ストマによる皮膚トラブルは半年間なく過ごしています。

 

 

ではでは この辺で おやすみなさい。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。