パラ選手で水着モデルになったのは誰?水着画像や経歴,障害の理由は?

この記事は7分で読めます

皆さん、こんにちは。管理人です。

 

今日は、久しぶりにねこたろうさんが

仕事が早く終わり帰ってきました。

 

ちびたんともゆっくり遊べて良かったですね。

ご飯を作っていたら

携帯から昔の曲を流して

聞かせていました!

 

何と無く聞いたことはあるけど

歌えないようなものを・・・

 

やはりお父さんとお母さんでは

遊び方が違うので良いなあと思いました。

 

さて、今回はパラの選手に注目して行きたいと

思います!

パラ選手で水着モデルになったのは誰?

 

ブレナ・ハッカビー
年齢: 21歳
出身地: ルイジアナ州バトンルージュ
種目: パラスノーボード

 

モデルになった訳は?

パラリンピック大会前、

有名な米スポーツ誌の女性アスリートの水着特集で、

パラリンピアンで初めてモデルに起用された。

 

「自分がセクシーだとは思わなかった」

と戸惑いもあった。

 

だが、「私の国では、障害がある女性は

セクシーな対象として見られない。

だから私がロールモデルになりたかった」。

 

義足をつけてビーチでポーズを

取った写真は話題を呼んびました。

 

水着姿を拝見して

カッコイイ!し素敵だなあ!と思いました!

写真って素晴らしいなあって

思う!

Take me back to having my 🍑out in the 🌞

Brenna Huckabyさん(@bren_hucks)がシェアした投稿 –

She wore it better 🙈 #motherdaughter #myworld #matching #slipnslide

Brenna Huckabyさん(@bren_hucks)がシェアした投稿 –

 

ブレナ・ハッカビーの経歴は?

 

2010年に 骨肉腫で片脚を失う前は

優秀な体操選手だった!

 

リハビリ中に出会ったスノーボードに

「恋をした」といい、上達していったそうです。

 

ハッカビーがスノーボードのトップになったのは

2013年にスノーボードを始めてすぐです。

 

2015年にアメリカのナショナルチームに

指名されたわずか2か月後、

ハッカビーはスノーボードクロスで

自身初の世界選手権での優勝

を飾り、それに続いて

バンクドスラロームで

銀メダルを獲得した。

 

 

2016年には 産休を取り、

娘ライラを出産。

 

 

早速復帰して、

産後わずか6週間後には

トレーニングを再開し、

2017年2月のカナダの

ビッグホワイトで行われた

世界パラスノーボード選手権

2つの金メダルを獲得した。

 

連続して獲得した世界タイトル、

人生とスポーツにおける回復力で、

今回の平昌パラリンピックでも

金メダルを取りました!

 

足の切断の原因は何?

足に骨肉腫ができたのが

原因です。

 

14歳の時に骨肉腫の癌で生存の

可能性は低いと診断されました」と

「化学療法を始めた時は大丈夫でしたが、

やがて体に変化が現れ始めました。

腫瘍が化学療法を食物のように取り込んで、

塊はゴルフボールからソフトボール大になりました。

 

生存のためには脚を切断せざるを得ないと言われま

した。

 

脚を切断後、薬を変更して化学療法を始めま

したが、これも効果がありませんでした。

 

現在は白血病の危険性があります。

 

完治するはるか前に化学療法が中止されたので、

常に再発の心配があります」

 

ブレナ・ハッカビー(クロス金メダル )

からのメッセージ

 

 

「この足で何かを達成することに、

誇りを持っている。

私はスノーボードでも、

水着でも、

いつだって強く、

パワフルでいられる」

 

彼女から

 

 

「その日を生き、未来を夢見よう。

実際に自分でコントロールできるのは

今日行うことだけなのだから

-努力すれば、未来はきっとうまくいく」

 

 

家族は?

2016年、

娘ライラを出産し

旦那さんと3人で暮らしているそうです。

I’m fortunate to get to celebrate our birthdays together. I turned 22 on Monday (yay) and today my best friend, fiancé, partner in crime, mullet wearing, goofs spreading, best dad in the world turns 23! We’ve matured a lot together. I was hardly 18 when we got together. I was still in high school with no direction other than wanting to snowboard. This man has been nothing but supportive of my dreams and goals. He’s always motivating me to be more and toning me down when I get a little too extra. He’s the yin to my yang. The peanut butter to my jelly. The prosthetic to my nub (wut?). I can’t believe how lucky I am to call him mine. 💜 . . .📸 @cottonsox_photo . . #happy #smiles #happybirthday #22 #23 #snowboarders #love #fitmom #parents #family #together #togetherforever #blessed #life #athlete #share #snowboarding #beautiful #proud #yas

Brenna Huckabyさん(@bren_hucks)がシェアした投稿 –


スポンサードリンク


まとめ

片足がない人の水着姿ってどんななんだろうって

思いませんでしたか?

でも、違和感なく綺麗で力強く

パワーをもらったような気がします。

ありがとうございます!

家族愛にも愛を感じました!良い家族ですね。

では、では、この辺で!


スポンサードリンク


 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。