7ヶ月乳児の風邪での入院2日目の状態

この記事は3分で読めます

みなさん、こんばんは。管理人です。

昨日、ちびたんが入院してから我が家は とっても静かで淋しいです。

寝室に行ってもかわいいちびたんが いないのを見るとちびたんは、

淋しいです。頑張れているかな・・・

 



スポンサードリンク


入院2日目の状態

 

今日 病院に行ったら痰の状態は昨日より良くなっていたのですが

気道確保の為 ベットで胸を高くして顎をあげた状態で放心状態で固まってました。

 

お薬とかで状態を落ち着かせるために何かあったのかなと思ってしまいました。

看護婦さんに確認したら 安静剤のようなお薬は使っていないとのこと・・・

泣き疲れてこのようになってしまっていると聞き びっくりしました。

 

ちびたんには 病院がとっても辛かったんだなあと・・・

 

昨日 さよならする時は手をバシバシ動かし足も力が入ったのに

今日行ったら廃人のように(例えが悪くてすいません・・)

無反応で、手足もだらんと力が入らずで・・・

 

たった一日でこんな状態になってしまうのにびっくりしました。

いつも右に左に寝返りを打ち 笑顔を向けていたのが

無反応になってしまうなんて・・・

 

今日のバイタル

呼吸状態は Spo2も100%に近くなっているのに

私もちびたんの反応を戻すのに気をとられて他のバイタルを確認するのを

忘れてしまいました。

 

ストマ交換とストマ周辺の洗浄

看護婦さんにストマ袋の交換の仕方を確認させてほしいとのことだったので

今日でストマの袋が3日目だったので 交換を見てもらいました。

 

1.ストマの袋の穴を前回のストマの袋の台紙を元に

ストマの袋の穴の大きさをマジックでラインを書き ハサミで切る。

2.カットしたストマの袋にカット綿を3枚ほど入れストマの袋の口のクリップを止める。

3.洗浄用の病院の容器にお湯を入れて持ってくる

4.リムーバーをカット綿に付けてお腹の面板と皮膚の隙間に擦り込むように擦ると

取れてくるので全体を軽くこすり面板の糊が残らないようにする。

5.オムツをストマの下あたりにひき 洗浄したお湯がベットを汚さないように

しながらストマの周りを擦りながら流す

6.水気をタオルで拭き おへそや太ももの付け根に面板が当たらないように

人工肛門の粘膜が傷つかないようにストマを貼る。

7.ストマの袋を2つに折り 空気を抜いて栓をする。

便の掻き出し方

1.ストマの入り口をくの字に曲げる

2.手でカット綿を二つ折りにしてカット綿の角だけをくの字にしたところから入れて

竹串で押し込む

3.便が多い場合は先に数枚竹串で入れてから掻き出す。

便の量が多いとストマの口が便で汚れやすくなるので出すときは気を付けて

とる

4.かき集めるときは 左回りカット綿で便を拭きながら出す。

5.きれいになったら新しいカット綿を3枚ほど入れて空気を二つ折りにして

抜いて口を閉める

洋服の交換と体のリンパマッサージ

昨日から洋服が一緒だったので看護婦さんに右手にはめた点滴に洋服を通すときだけ

点滴の管を外したりつけたりするのを手伝ってもらいました。

裸にしながら全身をさすりながら ちびたんに声がけするも

初めは 目や体の反応もありませんでした。

股関節の曲げ伸ばし 腕の回旋をしながら お顔もパンパンに浮腫んで

張れてしまっていたので 耳介から鎖骨にかけてさすりながら

リンパを流す。

洋服を着せた状態で 全身をリンパの流れに沿って流す。

 

絵本の読み聞かせをしながら手足を触って刺激を行う

リンパマッサージだけだとまだ反応がなかったので抱っこをし

絵本を読み聞かせしながら手を握ったり顔を撫でたり

足が屈伸や歩く時の足首の動きをするように抱っこし

ながら補助したりしました。

すると 室温と同じくらいだった

足裏の体温が温かくなり顔のむくみがとれて足を刺激した時に押し返す反応が出て

きて帰る前には 手をいつものようにブンブン回す反応が出てきたので

 

ホッとしました。

 



スポンサードリンク


今日の面会の反省とまとめ

一晩の入院で ちびたんの廃人になったような状態を見て

どれだけ泣いたのか?淋しかったのか?申し訳なく思いました。

家族の愛情が ちびたんの元気のもとでもあるんだなと再確認

しました。

今日は  ミルクを20㏄づつだったので明日はもっと飲めるように

なれるといいなあと思います。

明日は ベットでちびたんが楽しめるようなものを作ってあげようと

思います。

では、では、皆さん、おやすみなさい。

また、明日です。


スポンサードリンク



 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。