伊勢神宮の正式参拝(御垣内参拝)の服装や靴は?女性/男女別で解説

この記事は8分で読めます

皆さん!

おはようございます!

 

今 ここに元気でいれると事に感謝!

いい出来事、いい出会いに感謝!

いい選択をしながらいれる事に感謝です!

 

私の夢も!

あなたの夢も!

実現する

 

やればできる

と思っている管理人です!

 

今日は 近くの美術館に初めていってきました。

大きな公園が併設されているのですが

時間がなく公園の入り口の美術館のみでしたが

広い公園をみることができて

嬉しかったです。

 

又、遊びに行く楽しみができました!

近くの知らなかった所を知れるっていいですね。

 

さて、今日は 伊勢神宮の参拝について調べていきたいと

思います!



スポンサードリンク


伊勢神宮の正式(御垣内)参拝とは?

 

初めて伊勢神宮にいった時に

伊勢神宮の境内に黒服のスーツを着た方々が沢山いて

なんの集まりだろうと思った記憶がありますが

皆さんは みたことありますか?

 

普通、一般の人は正宮の御垣(みとばり)の外で参拝しているのですが

守衛屋に立ち寄ってから御垣内に入って参拝している方々がいるのです。

 

 

私は 初めていった時は 知らなくて

なんかみんな統一した服を着て怖い感じの人たちの

集まりなのかと・・・思ったりしたのですが

皆さん 正装して参拝されていたので

そう見えたのです。

( ̄∇ ̄)

 

御垣内参拝(正式参拝)とは?

伊勢神宮は 外宮・内宮も 正宮というところで

皆さん、参拝していると思うもですが

正宮前の鳥居をくぐると白い布の御帳(みとばり)

がかけられている一般拝所があります。

 

一般の人は 通常御帳の前で参拝します。

 

しかし、そんな中、御帳の傍にある宿衛屋から木製の囲いの中

御垣内に入って参拝している人を見たことありませんか?

 

そのような参拝の仕方を 御垣内参拝と言います。

又の名を 正式参拝と言います。

 

伊勢神宮の正宮では、四重の垣が設置されています。
正殿に近い内側から、
瑞垣(みずがき)、
内玉垣(うちたまがき)、
外玉垣(そとたまがき)、
板垣
と呼ばれます。
一般拝所は、板垣と外玉垣の間にあります。
外玉垣の中に入れるのが特別参拝です。

 

一般拝所では 特に洋服の規程も無くどなたでも

参拝できますが 御垣内参拝(正式参拝)の場合は

洋服の規程があります。

 

伊勢神宮の正式参拝(御垣内参拝)の服装や靴は?女性/男女別で解説

伊勢神宮崇敬会に正式参拝について

服装の案内がされていますが

 

男性は背広・ネクタイ、女性も男性に準じた服装でお願いします。
詳しくは下のイラストをご覧ください。

伊勢神宮 崇敬会HPより

 

お・・・(♡˙︶˙♡)

イラストがあるとわかりやすいですね。

 

男性は?

◉スーツ  上下同じ色のダークスーツ

夏でもジャケット着用で!

 

◉ネクタイ 必ず着用

色 グレイ又はモノトーン

柄 無地・ストライプ・小紋など

◉Yシャツ 白

 

◉靴 黒靴

◉靴下 黒

 

女性は?

崇敬会の案内のように

リクルートスーツのようなタイトスカートにジャケットO.Kです。

◉黒、濃紺、濃いグレーのジャケット付きワンピース

又は ツーピース

◉ジャケット 黒、濃紺、濃いグレー

スカートと同じ色で必ず必須です。

◉スカート  黒、濃紺、濃いグレーO.Kです

ひざ下〜ロング

タイトスカート〜フレアスカートOK

 

パンツスーツ 不可です!( ̄◇ ̄;)

女性にとっての正装はスカートなので

パンツは ダメなんです!

◉ストッキング 肌色が望ましいが黒も可

◉靴 黒の靴 (革靴・合皮可)

パンプスが望ましい

 

◉ヒール 低め太めがおすすめです。

ウエッジウッドのソールも可

 

伊勢神宮の中は 玉砂利ですし

内御垣は 10センチ前後の白い石がゴロゴロしている中

歩くので低めの方が安心です。

◉バック バックはなんでもO.K

神域に入る前に て荷物を置く棚があるのでそこに

置いていけます。

 

喪服や卒園式・入学式用のスーツだと正式参拝に合いそうなものが

ありますね。

 

子供は?

制服がある学校であれば

小学生・中学生・高校生に限り

制服があれば 正装と認められる。

 

制服であれば

半ズボンでも大丈夫です!

 

 

ただし 制服でも

あまり派手すぎるものは

正装とみなされません。

 

 

制服がない学校は

白シャツにジャケット

ズボン・スカート

白靴下

黒靴など

 

 

 

断られた服装はどんなもの?

男女共

◉上下の色もしくは素材が異なるスーツ

◉ジャケット未着用

◉半袖のシャツ

◉スニーカー

◉デッキシューズ

◉先の尖った茶色の革靴

◉派手すぎるアクセサリー

男性の場合

◉ループタイ

◉ノーネクタイ

◉ネクタイの柄が 赤・鮮やかな青など

カジュアルすぎる柄(キティちゃんなど…)

◉派手な靴下

◉ライトブラウンのスーツ

◉デッキシューズ

 

女性の場合

◉バックストラップはサンダルと見なされ不可

◉サンダル・ミュール等のつま先が見えるもの不可

◉ブーツ

◉柄物のストッキング・カラータイツ

◉ミニスカート

◉スカートとジャケットの色や素材が違いすぎる場合

◉ジャケット未着用

◉派手なアクセサリー

◉半袖

 

もし、参拝を断られたら・・・

 

正式参拝に 明確な服装の規定はなく、

受付の神主さんの判断によります。

 

「今日のところはお引き取りください」

 

となるようです。

 

例え 遠方から伊勢神宮に来たとしても

不可になります。

 

そんな時は どこが参拝に相応しくなかったのか?

伺ってみて下さい。

 

訂正すれば 参拝出来ます。実際にネクタイを買って

再度伺い参拝されたという話も聞きます。

 

神主さんは

神主さんたちは神様に対する礼を第一に考えています。

 

御祭神は日本全国総氏神、

太陽神とされる天照大御神さまです。

「ご神前にでて失礼でないこと」が第一の条件なのです。

 

御垣内参拝を断られてしまっても怒ったり、泣いたりせず

神宮の神主は高慢で失礼だ、などと言うのはやめましょうね。

 

神主さんは意地悪で厳しくしているわけではありません。

どこがダメなのか確認して服装を改めれば参拝させてもらえます。

 

もし服装の準備ができなくても、

また参拝しにおいでと縁をつないでくれたのだと

と思うのがいいと思います。

 

正式参拝する申し込み手順は?

 

正式参拝するには

参宮章が必要です。

 

参宮章をいただくには

2つの方法があります。

 

①伊勢神宮崇敬会に入会する

②神楽殿で直接申し込みする

 

①伊勢神宮崇敬会に入会するには?

方法① 伊勢神宮崇敬会のHPからネット申し込みする

 

因みに

   伊勢神宮崇敬会とは

平成7年から年会費制による登録会員制度による

伊勢神宮のサポート団体です。

 

伊勢神宮崇敬会HPはこちら

 

申し込みから 2週間ほどかかります。

余裕を持って申込して下さいね。

 

初詣向けなど用に 年内に会員章の受け取りをご希望の

場合は、 12月10日までに振込して下さいね。

2週間以内に会員章の必要な方は、

神宮会館フロントでの入会申込みならば、

その場で仮会員章を発行することが可能です。

 

方法② 神宮会館のフロント受付にて直接申し込みする

 

神宮会館の地図はこちら

内宮の脇のおかげ横丁の中にありますよ♡

方法3 神楽殿で申込む

 

内宮の神楽殿はこちら

 

 

外宮の神楽殿はこちら

②伊勢神宮崇敬会の会費の料金は?

 

個人で申込の場合

◼︎準会員

年会費 3,000円

会員登録名 本人のみ

神宮特別参拝 1回のみ

会員章の発行 (付参宮章)

 

◼︎会員

年会費 5,000円

会員登録名 本人のみ

神宮特別参拝 1年間

会員章の発行 (兼参宮章)

 

◼︎正会員

年会費 10,000円

会員登録名 本人のみ

神宮特別参拝 1年間

会員章の発行 (兼参宮章)

 

法人・団体・会社・個人の場合

◼︎維持会員

年会費 100,000円(1口)

会員証登録名 団体名・社名または代表者名、
個人名で登録可能

神宮特別参拝 1年間

会員章の発行 (兼参宮章)

 

 

参宮章はどこで見せれば正式参拝できるの?

 

参宮章を持参して、正宮一般拝所の左横にある

神職の詰所(南宿衛屋)に正式参拝したい旨を伝えると、

宿営屋で記名します。

 

その後、

手荷物など宿営屋脇の棚に置いて

参拝する準備ができたら

神主さんに 宿衛所前で祓いを受けます。

 

その後、神職の直ぐ後に続いて、

外玉垣の中に進み入ります。

 

参拝の際の注意事項

※喋らずに静かにし玉砂利等の音を聞きながら

(音禊ぎ)  神主の後に 参拝場所まで進む

 

※伊勢神宮では個人的なお願いは控える

 

神主さんが参拝の仕方の案内してくださいます。

 

2礼2拍手1礼

 

して御礼申し上げて退出します、

 

トータルで10分程度で終わります。

でも神様の近くで日頃の感謝を述べて

神様を感じれるすごい機会を感じて下さいね。

 

正式参拝可能な時間や日にちは?

お祭り事がない場合は

通常 下記の時間帯で参拝出来ます!

 

    1〜4月  5:00〜17:00
    5〜8月  5:00〜19:00
           9月  5:00〜17:00
  10〜12月    5:00〜17:00

 

 

下記の日程は、祭り事がある為

正式参拝ができないそうです。

【1月】

1月1日 歳旦祭

1月3日 元始祭

1月7日 昭和天皇祭遙拝

1月11日 一月十一日御饌

1月31日 大祓

 

【2月】

2月11日 建国記念祭

2月17日~23日 祈年祭

 

【3月】

3月春分の日 春季皇霊祭遙拝

3月春分の日 御園祭

 

【4月】

4月上旬 神田下種祭

4月3日 神武天皇祭遙拝

4月30日 大祓

 

【5月】

5月1日 神御衣奉織始祭

5月13日 神御衣奉織鎮謝祭

5月14日 風日祈祭

5月14日 神御衣祭

5月31日 大祓

 

【6月】

6月1日 御酒殿祭

6月15日 興玉神祭

6月15日 御卜

6月15日~25日 月次祭

6月30日 大祓

 

【8月】

8月4日 風日祈祭

 

【9月】

9月上旬 抜穂祭

9月30日 大祓

 

【10月】

10月1日 御酒殿祭

10月1日 神御衣奉織始祭

10月5日 御塩殿祭

10月13日 神御衣奉織鎮謝祭

10月14日 神御衣祭

10月15日 興玉神祭

10月15日 御卜

10月15日~25日 神嘗祭

10月31日 大祓

 

【11月】

11月23日~29日 新嘗祭

11月30日 大祓

 

【12月】

12月1日 御酒殿祭

12月15日 興玉神祭

12月15日 御卜

12月15日~25日 月次祭

12月23日 天長祭

12月31日 大祓

伊勢に行くには?

飛行機➕宿泊➕レンタカーなどはこちらから

どうぞ!!


スポンサードリンク


まとめ

 

今まで 4回ほど正式参拝させていただいて

いますが とても素敵な経験です。

 

やはり

御垣内と外では 神気が違います。

 

ぜひ 正装の準備をして是非参拝

して頂きたいです

 

 

神様のパワーをとても感じる

日本の中でも素晴らしい

パワースポットだと

思います!

 

 

最後まで

読んで頂きありがとうございます!

 

私の夢も!あなたの夢も!

実現!

 

今日も素晴らしい1日になりますように!

では、また!

 


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。