療育の意味や利用方法を保健師さんに確認したことまとめてみた

この記事は3分で読めます

みなさん こんにちは!

管理人です。

昨日は ちょっとやらかしてしまいました。

先日知り合いになった方に

誘われた集まりに参加しようと準備していたら

日時や内容が違っていた…。

 

やってしまった…。

最近バタバタしていたから…良くラインを

読まず、参加表明していたけどなっていなかったという…

気を付けなければ…。はい。

 

ぴよぴよサロン

 

用事がなくなってしまったので

今日はゆっくりの日かなあと思いつつ

ちびたんが五時ごろから元気モリモリ

手足をバタバタさせ沢山お話をしていたので

寝ていられず 早めに起きていたら

ねこたろうさんが、

今日はぴよぴよサロンがある日だよと教えてくれた。

 

7月に参加して以来 里帰りなどで参加できなかったので

せっかくだから行ってきました。

 

みなさんは ぴよぴよサロンが何だが分からないですよね。

 

管理人が住んでいるところの保健センターで行っている

おおむね2000g以下で生まれた子や

運動発達がゆっくりなお子さんとその家族のサロン

なんです。

 

早めに準備して10時から11時までのぴよぴよサロンなので

9時からちびたんのおむつ替ええたりしながら準備して10分前に到着。

 

なかなか ねこ家は、余裕を持っていくのが苦手で

バタバタぎりぎり到着等が多くなってしまうので

自分にオッいいんじぁないかあ!と心の中でガッツポーズでした。

 

一番乗りでした。ちょっとうれしい。

保健師さんと余裕をもってお話が出来良かったです。

 

ちびたん。4/7に44センチ 体重1790gで生まれて明日で半年。

先週病院での計測で61センチ 5690g

 

たぶん 6000gに近づいてきているだろうから 生まれた時の約3倍に体重もなり

なんんとなく首もようやく座りつつあるかなあと。

最近は 寝返りもできるようになってきて元気元気で お母さんはうれしい。

 

保健師さん方に 大きくなったねと褒められホッとします。

療   育

今日は 参加者のお母さんから療育に進めるか?

保健センターで担当の人と面談等今度行うんだという話を聞いた。

 

以前大学病院を退院するときに

療育の施設に進めるかどうかは

保健センターで保健師さんと専門家によって検査診断評価をされて

お子さんの状態に合わせて

個別の訓練や集団指導が

必要か検討されるような話を聞いたっけ。

 

保健センターの保健師さんに聞く

 

ちびたんは まだ先だけど 保健センターにTELして療育につい聞いてみた。

 

一般的には 3歳ぐらいで療育が必要かどうかの判断をして療育機関につながるらしい

でも 発達に不安がある場合は3歳まで待たずとも相談したりすることはできるらしい。

 

療育に進むには

療育にはいるにも

まずは保健センターの療育相談班に相談して

必要となれば保健センターでの療育教室を数回行ってから

公的療育施設や民間の療育施設を案内されたりするらしい。

 

療育とは何か

障害のあるお子様が社会的自できるように取り組む治療と教育のこと

生活への不自由をなくすよう専門的な教育支援プログラムに則り

言葉や身体機能などの発達に遅れの見られるお子様について

トレーニングしていこうとするものであり

お子様が生活しやすくなるように外部からサポートすること。

 

私は 個人の発達を漠然と促すのものなのかなと思っていたけど

保健師さんとお話ししたらまだ5~6か月の乳児のちびたんは

お母さんや家族のみの関わりだけど

今後社会とか集団生活をしていくのに

必要なスキルをトレーニングした方が良いのかどうか

を見極めてのサポートなので

大枠で一般的に3歳ぐらいからのスタートになるらしい。

 

なんとなく療育について把握ができたので安心した。

 

また、療育とは別に近くの大学で

発達支援のブログラムも10回5000円と手ごろな値段でやっていること

も聞けたのでまた体験等行ってみたいなと思います。

 

 

 

昨日の夜は 自分の確認不足にがっかりしたけど

ぴよぴよサロンで いいお話を聞けて良かった。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。