ボジョレー2017年解禁日は?意味や美味しい飲み方・価格について調べてみました

この記事は3分で読めます

みなさん、こんにちは

管理人です。

 

昨日、近くの駅ビルに行ったらハローウインのディスプレーから

クリスマスのディスプレーに変更になっていましたね。

 

もう、年末年始に販売関係はシフトしていくんですね。

 

でも、クリスマスのイルミネーションやクリスマスツリー

のいろいろなオーナメントがいろんなお店で売っていて

見ているだけで楽しくて好きですね。

 

昨日はスタジオクリップのオーナメントやoff&onのクリスマス雑貨を

見ながら帰ってきました。

 

さて、今日は来月に控えたボジョレーヌーボー解禁について 書いていきたいと思います。

 

2017年ボジョレーヌーボー解禁日はいつ?

2017年のボジョレーヌーボー解禁日は

11月16日木曜日0時に解禁になります。

 

毎年11月の第三木曜日が解禁日なので

毎年日にちが多少前後するのが この為です。

 

一番最初は11月11日が ボジョレーヌーボー解禁日だったのですが

フランスではレストランやワイン屋さんの休みの日に当たる日曜日が解禁日になると

売り上げに大きく影響してしまうのとで

ボジョレー地区の一番収穫の早いワインが出来上がるこの時期に

決まったそうです。

 

 

実は 2017年のボジョレーヌーボーの空輸便が今日は初めて羽田空港に到着したそうです。

着々と解禁日の為準備されているんですね。

 

ボジョレーヌーボーとは

さて 皆さんは ボジョレーヌーボーの意味をご存じですか?

 

管理人も35歳の時にねこたろうさんと行ったフランス旅行で

ワインが水よりも安く、美味しいことをしり

飲み始めたので 飲むのは楽しい美味しいけど

よく分かっていません・・・

 

さあ、みんなで確認です。

 

ボジョレーヌーボーとは

フランスのブルゴーニュー地方のボジョレー地域でで生産されるブドウ(ガメイ種)

の赤ワインの新種のことで 醸造時間が数ヶ月と短く

フレッシュでジュージーな味わいを楽しむものです。

 

醸造方法も 短期間で出荷するため 自然に醸造させているものと

「マセラシオン・カルボニック」という日本語で言うと

「炭酸ガス浸潤法」という2種類があるそうです。

「炭酸ガス浸潤法」が悪いのではなく

短期間で出荷するための醸造法の一つなので

いろいろな醸造方法の違いもチェックしながら飲むと

また 楽しみが増えるかなと思います。

 

ボジョレーヌーボーの美味しい飲み方

ボジョレーヌーボーの飲み頃の温度は10~12度だそうです。

ちょうど飲む一時間ぐらい前に冷蔵庫に入れて冷やすと

その適温になります。ъ(゚Д゚)グッジョブ!!

 

タンニンが少ないワインなので冷やしても渋みが強調されにくいので

フレッシュな味わいをお料理と共に楽しんではいかがでしょうか?

 

また、普通のワインは寝かせておくと良い味になると言われますが

ボジョレーヌーボーは フレッシュさが命ですので

年内または春ぐらいまでに飲むのがお勧めです。

 

ボジョレーヌーボーも空輸便と船便があり!!

11月16日の解禁日に合わせて売られるワインは 空輸便が主でしょう。

しかし船便で送られてくるボジョレーヌーボーも実はあるんです。

時期は12月中旬になりますが、同じ中身で船便の方が安いんです。

 

空輸便が一本800円ぐらい、船便が一本200円ぐらいのコストなんです。

その分解禁日のころは高めになってしまいますが

新鮮なのが味わえますね。

 

どちらも楽しみですね。❤

 

早くフランスのように水より安くとは言わないけど

もっと安く飲めるようになると良いですね

 

 

まとめ

ボジョレーの意味や解禁日が理解できました!

11月16日の0時から販売だから17日以降にぜひ

ねこたろうさんと飲んでみたいと思います。

 

我が家は1000円前後のワインを探したいと思います。

 

 

ちびたんが いるのに飲めるのか?って?

はい。飲めるんです。

 

ちびたん6ヵ月ですが

いろいろ事情がありまして

もう断乳しミルクのみであります。

 

私がお酒を飲みたいから断乳の理由では

決してありません。

 

できたら ちびたんに私だって

もっと母乳をあげたかった(-̩̩̩-̩̩̩-̩̩-̩̩̩_-̩̩̩-̩-̩̩̩-̩̩̩)

 

この話は また機会があったら。

 

母乳をあげたくてもあげれない人もいるんですよ。

それでも ちびたんが元気に育ってくれるなら

それでいいんです!!

 

ではでは みなさん、

また明日です。❤

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。