バディウォーク東京2017開催日や参加方法をまとめてみました。

この記事は3分で読めます

みなさん、こんにちわ、管理人です。

今日で ちびたんは、7か月になりました。

今日は ちびたんの写真を撮りながら時間の流れを

感じました。先月よりも寝返りが素早くできました。

ゆっくりでも成長しているのがうれしいです。

 

今週は 金曜日に病院で聴覚の検査や今月下旬にある手術の

前検査があります。

聴覚は、出産後2か月ほど入院しているときに

聴覚の検査があり左耳が難聴傾向があると言われていて

また、半年後に検査しましょうとなっていました。

 

最近は筋肉も付き 首も自由に動かせるようになってきたのですが

見えないところから声をかけるとなかなか声の方を見ることが

出来ないのでどこまで聞こえてるのかなあとちょっと不安です。

 

さて、今日はバディウォークについて調べていきたいと思います。

バディウォーク東京2017について

テーマ みんなで「インクルージョン」を考えよう。

みなさんは、バディウォークってなんのことだか?分かりますか?

私は 良くペアを作る時にバディを組んでなどと使われますよね。

仲間とか相棒とか2人1組のうちの1人の事を言ったりしますが

今回のバディウォーク東京2017は、

ダウン症のある人たちと一緒に歩くチャリティーウォーキング

イベントです。

 

NDSS(全米ダウン症協会)が「ダウン症啓蒙月刊」の一環として

ニューヨークで初めて、今では世界中で開催されるようになりました。

 

ダウン症への理解と受容(acceptance),社会的な平等(inclusion)を

促進することが目的で、誰もが参加できる1マイル(約1.6km)を

行進します

 

2014年は全米各地と世界各国250か所でバディウォークが開催され

35万人以上の方が参加、1300万ドルの寄付が集まりました。

これらの寄付はすべてダウン症のある人たちの為に使われています。

 

日本では 2012年10月にNPO法人アセプションズ主催で、東京渋谷・

代々木公園で日本初のバディウォークを開催し TVや新聞等に取り上げられ

ました。

 

2016年には東京、横浜、京都、仙台、長崎の7か所で開催され、全国に

広がっていて バディウォーク東京は今年で6回目の開催だそうです。

 

私が、このバディウォークを知るきっかけになったのが、金澤翔子展で

お会いした方にバディウォークを教えてもらったのがきっかけでした。

こんな風に バディーウォークでダウン症の理解を進めている人たちの

お蔭でダウン症の子たちも家族も住みやすくなれればと思います。

開催日 2017年11月19日(日)10:00~14:00

場所 新宿中央公園 水の広場

会場住所

     東京都新宿区西新宿2丁目11

アクセス

電車
JR・小田急線・京王線・新宿駅から徒歩10分。
東京メトロ丸の内線 西新宿駅から徒歩約5分。
都営大江戸線 都庁前駅から徒歩1分
バス
コミュニティバス「weバス」13番都庁本庁舎前から徒歩3分
駐車場
公園内には駐車場はありません。近隣の駐車スペースをご利用下さい。

 

参加方法

人数把握するために NPO 法人アセプションズの

バディウォーク東京2017のHPより参加申し込みをお願いしているようです

当日参加も可能です。

 

Tシャツをきて参加しよう。

「インクルージョン」(社会的な平等)を表すかわいいハートのTシャツをきて

チャリティに賛同しよう!

大人用1500円、子供用1000円

Tシャツの事前発送の申込みは締切りですが当日受け取りはまだ受付中です。

子供用130・140・150cmはもう売り切れです。お早目にどうぞ。

 

このイベントグッズなどの収益は、イベント運営費になります。

 

ハートをつけて参加しよう。

明るく人懐っこい性格が多いダウン症の子が多い一面を表す「ハート」

を今年のデザインのテーマにしてます。

ぜひハートのモチーフをつけて参加してハートに包まれた一日にしましょう。

 

インクルージョンとは

今回のテーマは、「インクルージョン(inclusion)」となってますが

私自身、たまに耳にするもののよく分かっていないのでまとめておきますね。

インクルージョンとは 多様な個性を持つ人々がお互いを尊重しあい、認め合うことで

組織や社会で多様性(ダイバーシティ)が生み出す価値を創造できるという考え方です。

 

また、障害がある子供を含むすべての子どもが同じ場で学びあうことをインクルージョン教育

(インクルーシブ教育)といい、日本でも学校教育に取り入れ始めています。

 

バディウォーク東京2017では イベントを通じてダウン症のある方を含む多様な個性を持つ方々と

触れ合う機会を作ることで 日本ではまだなじみの薄いインクルージョンを体験してもらうイベント

になっているそうです。

 



スポンサードリンク


 

まとめ

今回まとめてみて

バディーウォークって何?「インクルージョン」って何?というスタートだったのですが

まとめながら勉強できた感じです。多様性が認められる世界になればよいですね。

 

今年は別件の用事があり バディーウォークに参加できませんが、まだすべての人に

自分の子どものちびたんがダウン症とは公表していません。

まあ、芸能人でないので公表しなくても…いやいや、お付き合いのある人たちにどこまで

お知らせするか?をまだ決めかねているのであります。

身近な方にはお話してますが… だからバディーウォークの話を聞いてすぐ参加します!って

言えませんでした。

 

みんなにダウン症の子お母さんって見られたくないのか?

どんな目で見られるのか?怖いところもあるのかな…?

まだ、深く自分の心と向き合っていないのかもしれません。

 

でも、バディーウォークの事を知り行ってみたくなりました。

 

そんな母でも、ちびたんは、とってもかわいくていい子です!

 

ではでは、ごきげんよう・・・


スポンサードリンク


  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

CAPTCHA


記事の編集ページから「おすすめ記事」を複数選択してください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。